偏頭痛の薬

偏頭痛の原因、治療法、対策などあらゆる情報を発信しています。

はじめに

偏頭痛は、脳の血管が拡張することで起こります。偏頭痛の治療は薬物療法が一般的で、脳の血管の拡張を抑えたり、痛みの原因物質を抑えたりする薬を使用します。そもそも頭痛にはどのような種類があり何が原因で起こるのか、どのように治療を行うのかなどをまとめていきます。

頭痛になる仕組み

頭痛は、血流の低下や血液中の物質の異常が原因と考えられています。詳しくはわかっていませんが、ストレスが根本の原因となる場合があるといわれています。詳しくは、01「頭痛になる仕組み」をご参照ください。

頭痛の種類と原因・誘因

頭痛には、一次性頭痛と二次性頭痛があります。一般的に知られている偏頭痛は、一次性頭痛に分類されます。また、同じ一次性頭痛に緊張型頭痛がありますが、偏頭痛との違いを知らないという人が多いです。原因や誘因が異なるので、確認しておきましょう。詳しくは、02「頭痛の種類と原因・誘因」をご参照ください。

偏頭痛の治療と対策

偏頭痛の治療には、主に薬物療法を適用します。偏頭痛の薬には様々な種類があり、症状に合わせて処方されます。また、日常生活において手軽に対策する方法もあります。詳しくは、03「偏頭痛の治療と対策」をご参照ください。

偏頭痛の薬の分類

偏頭痛の薬には、医師から処方される処方薬と、ドラッグストアなどで購入できる市販薬があります。市販薬よりも処方薬の方が高い効果が期待できますが、それだけ副作用も強い傾向があります。詳しくは、04「偏頭痛の薬の分類」をご参照ください。

偏頭痛の市販薬の成分

偏頭痛の市販薬には、ロキソニンSやハリー解熱鎮痛薬Lなどがあります。なお、第1類医薬品と指定第2類医薬品があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。詳しくは、05「偏頭痛の市販薬の成分」をご参照ください。

偏頭痛の処方薬の成分

処方薬には様々な種類があり、患者の状態に合わせて処方されます。偏頭痛には、トリプタン製剤がよく使用されています。特定の合併症を持つ人には、別の薬が処方されます。詳しくは、06「偏頭痛の処方薬の成分」をご参照ください。

頭痛薬の使用においての注意点

頭痛薬を長期にわたって使用し続けると、頭痛が悪化する場合があります。これを薬物乱用頭痛といい、服用している薬によって診断基準がことなります。詳しくは、07「頭痛薬の使用においての注意点」をご参照ください。

特集:偏頭痛の薬ーーイミグラン

イミグランは、市販薬と比べて高い効果が期待できる処方薬です。市販薬は、炎症を鎮めるだけのものが多いのですが、イミグランは痛みを感じる物質の放出を抑えたり、刺激の信号が脳へと伝達されるのを防いだりする作用を持ちます。詳しくは、08「特集:偏頭痛の薬ーーイミグラン」をご参照ください。

特集:女性の頭痛

女性は、男性よりも偏頭痛が起こりやすいといわれています。治療薬を使用するのであれば、妊娠の可能性があるかどうかを踏まえて慎重に使用しなければなりません。妊娠中に特定の治療薬を使用すると、胎児に悪影響が及ぶ可能性があります。詳しくは、09「特集:女性の頭痛」をご参照ください。

特集:子供の頭痛

高校生のうち10人に1人は偏頭痛に悩まされているといわれています。子供の偏頭痛の治療の際には、特定の薬を避ける必要があります。詳しくは、10「特集:子供の頭痛」をご参照ください。

PAGE TOP